JKビジネス、東京と大阪9割…「接触型」多数

densya

警察庁は28日、女子高校生らが客と添い寝や散歩をする

「JK(女子高生)ビジネス」の実態調査結果を発表した。

6月末時点で114店の営業が確認されたが、東京と大阪が

9割以上を占めたという。

同庁によると、「JK」「制服」などを宣伝文句にした

「JKビジネス」は114店あり、このうち店舗型は72店、

無店舗型は42店。東京(78店)、大阪(28店)で

約93%を占めた。

マッサージや添い寝など、体を触らせるサービスを提供する

「接触型」が81店で、撮影するなどの「鑑賞型」が11店、

「飲食遊興型」が10店だった。

JKビジネスを巡っては、児童買春の温床とも指摘されている。

東京では7月に「JKビジネス」を規制する都条例が施行され、

18歳未満の雇用が禁じられた。

大阪でも規制に向けた検討が進められている。

 

 

人気記事


Jkリフレ嬢 【即ヒメ!】
refle 出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ken派遣型 リフレ 見学店 情報サイト 派遣型見学ウォーカー Kengaku Walker 見学Walker

関連記事